2019/02/28 23:02

中国で興収600億円のSF話題作『流転の地球』、監督が苦労を明かす

中国で記録的な興行をたたき出したグオ・ファン監督
中国で記録的な興行をたたき出したグオ・ファン監督

 中国で公開後、わずか2週間で興行収入6億ドル(約660億円 1ドル110円計算)という記録的な数字をたたき出した映画『流転の地球』について、グオ・ファン監督が2月24日(現地時間)、ニューヨークのシアター、AMCエンパイア 25 で行われた特別試写後のQ&Aで語った。

 本作は、作家リュウ・ジキンの短編小説「さまよえる地球」を実写映画化した作品。太陽が数百年以内にヘリウム・フラッシュ(大爆発)を起こして赤色巨星化するという危機に直面した人類が、太陽系脱出の計画に乗り出すために、中国人の宇宙飛行士や地上部隊が力を合わせ、世界の人々の協力を得て危機を乗り越えていくさまを描く。ファン監督がメガホンを取り、チュ・チューシャオ、チャオ・ジンマイらが主演を務めた。

 17歳の頃、映画『ターミネーター2』を観てファンになったというファン監督は「SFアクション映画が好きで、今作を手掛ける前に、中国で2作のSF映画の企画を立ち上げたが、いずれも予算の都合上、手掛けることができなかったんだ。その後、(才能のある若手として)4人の監督と共にハリウッドに招待されたときに、自分たち中国人はハリウッドの人たちよりも想像力が足りなかったわけではなく、技術が足りないことを再認識させられたんだ」と振り返り、中国に戻った後、スタッフが個々に技術を上げたことで、かつての技術不足を乗り越えることができたのだと思うと語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >