2019/02/28 05:00

二宮和也、妻夫木聡と兄弟役で初共演!主演作が2020年に公開

イケメンとイケメンの共演 (C) 2020「浅田家(仮)」製作委員会
イケメンとイケメンの共演 (C) 2020「浅田家(仮)」製作委員会

 二宮和也が、『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)の監督である中野量太の最新作『浅田家(仮)』で主演を担うことが発表された。二宮演じる主人公の兄役を妻夫木聡が務める。2人は今作で初共演を果たす。

 写真家・浅田政志の写真集「浅田家」「アルバムのチカラ」を原案にした本作は、4人家族の次男坊として育ち、写真を撮ることが好きな主人公の政志が、家族写真を通して成長する姿を描く。中野監督が、実話をベースにオリジナル要素を加えて脚本を執筆した。2017年公開の『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』以来の映画主演となる二宮が主人公の政志を演じ、その兄・幸宏役を妻夫木が務める。本作の撮影は、オールロケで3月から4月に行われ、公開は2020年を予定している。

 原案となる写真集「浅田家」は、写真界の芥川賞ともいわれる木村伊兵衛写真賞(第34回、2008年度)を受賞した作品で、“家族でやってみたいこと”をテーマにさまざまなシチュエーションで浅田本人と家族がコスプレした姿を収めたユニークなもの。「アルバムのチカラ」は、東日本大震災の津波で泥だらけになってしまったアルバムや写真を洗浄し、元の持ち主に返すボランティア活動をする人々を約2年間にわたって撮影した作品だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >