2019/02/28 10:00

ブラッドリー・クーパー×イーストウッド『運び屋』男たちの人生が交差する共演シーン

『運び屋』ブラッドリー・クーパーとクリント・イーストウッド (C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
『運び屋』ブラッドリー・クーパーとクリント・イーストウッド (C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 名匠クリント・イーストウッド監督が、実在した90歳の麻薬“運び屋”を自ら演じた映画『運び屋』から、イーストウッド監督と、共演のブラッドリー・クーパーとの共演シーンを収めた本編映像が公開された。

 初監督作『アリー/スター誕生』がアカデミー賞にノミネートされ、監督としても注目を浴びるブラッドリー。イーストウッド監督とは、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた『アメリカン・スナイパー』(2014)でもタッグを組んだ仲であり、『アリー』もイーストウッドが監督する予定だった企画を引き継いだ作品。『運び屋』では、イーストウッドふんする主人公アールを追う捜査官ベイツを演じ、待望の“初共演”を果たした。

 公開された映像は、アールと、まだ彼の正体を知らないベイツが、早朝のダイナーで遭遇する本編シーンの一部。前夜、謎の“運び屋”の逮捕に挑むも空振りに終わったベイツと、自分を追う捜査官と知りながら、あえて彼のそばに座るアール。無言のままの2人だが、今日が家族の記念日であることに気づいたベイツが悪態をつくと、アールは「もしかして…、誕生日でも忘れたのか?」と声をかける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >