2019/02/28 10:00

ブラッドリー・クーパー×イーストウッド『運び屋』男たちの人生が交差する共演シーン

 アールは、仕事一筋に生きてきたが、その結果、家族に愛想を尽かされ孤独に暮らす老人。そんな自分と、昇進のために家族を顧みず働くベイツを重ねたのか「家族のことも考えろ。記念日は大切だ。俺は記念日を忘れてばかりいたんだ」と諭す。さらに「俺みたいになるんじゃないぞ」「一人娘は俺と12年半も口をきかない。最悪だよ。12年半も…」と続けるアールの言葉は、自分に言い聞かせているかのよう。正反対の立場でありながら、現在を過去を象徴するような、2人の男の奥深いドラマを予感させる。

 同作にはそのほか、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、アンディ・ガルシア、タイッサ・ファーミガなど実力派俳優が出演。さらにアールの娘を、女優でイーストウッドの実娘アリソン・イーストウッドが演じるなど、イーストウッドの人生を反映したかのようにも思える珠玉の一本だ。(編集部・入倉功一)

映画『運び屋』は3月8日より全国公開

【関連情報】
【動画】盟友の共演シーン『運び屋』本編映像
ガガじゃなくて、ビヨンセ主演だった『アリー/スター誕生』なぜ実現しなかった?
ブラッドリー・クーパー『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾監督に興味なし
いまのアメリカに必要な英雄とは?名匠クリント・イーストウッドに聞く
『ダーティハリー』『エクソシスト』名作ポスターを手掛けたデザイナー死去
ロバート・レッドフォード俳優引退作、2019年夏公開決定

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >