2019/03/05 12:53

ジョニー・デップ、元妻に指を切り落とされたと主張

ジョニー・デップとアンバー・ハード Steve Granitz / WireImage / Getty Images
ジョニー・デップとアンバー・ハード Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 先日、元妻アンバー・ハードを名誉棄損で訴えたジョニー・デップが、彼女に指を切り落とされたと主張していることが明らかになった。

 夫婦ゲンカ中にジョニーの指が切断されたと最初に報じられたのは、離婚騒動の渦中にあった2016年8月のこと。結婚からわずか1か月後、アンバーが俳優のビリー・ボブ・ソーントンと浮気をしているとジョニーが腹を立て、激しいケンカになったのだという。ジョニーからDVを受けていたと主張するアンバー側の当時の言い分は、酔っぱらったジョニーがボトルや窓を壊したり、携帯を壁に投げつけたりし、その時の破片で右手中指の先端を切り落としたというものだった。

 しかし、今回の訴状を入手した Radar Online によると、ジョニー側は、アンバーがウォッカのボトルをジョニーに投げつけたため(ボトルは彼女がたくさん投げた中の一つにすぎないとのこと)、彼は割れたガラスでケガを負うことになった主張している。訴状には「ハード氏はデップ氏の中指の先端の骨を粉砕し、ほとんど完璧に切断しました」「ハード氏はうその説明を広めることで、デップ氏を加害者に仕立て上げたのです」と記されているという。なお、この件でジョニーは指の再接着手術を受けている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >