2019/03/06 23:12

『ゲド戦記』原作者を題材にしたドキュメンタリー、監督が製作への思いを明かす

 アーシュラさんの作品の中で好きな作品を聞かれると「(撮影を通して)長い間、彼女の作品に没頭していたから、好きな作品を選ぶのは難しいわ。でも、あえて挙げるのならば、今作では扱っていないけれど『天のろくろ』かしらね。彼女の作品の中でわたしが最初に読んだ小説なの。自分が見た夢が現実になってしまうという悩みを抱えた青年が精神科医を訪ねるも、その精神科医に彼の能力が利用されてしまうという話で、当時は(ファンタジーの世界を通して)現実を揺るがすような大きな衝撃を受けたわ。その他には、晩年に執筆された短編集の一つで、『Four Ways to Forgiveness』という作品も好きね。彼女の短編に関しては、今作ではそれほど描かれていないけれど、目を見張るようなものも多いのよ」と答えた。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【写真】『ゲド戦記』原作者アーシュラ・K・ル=グウィンさん
ファンタジー小説「ゲド戦記」再び映画化へ
宮崎駿だけじゃない!名作ジブリアニメとは
アメリカを代表する画家アンドリュー・ワイエスの魅力に迫るドキュメンタリー、監督を直撃
米最高裁判事ルース・ベイダー・ギンズバーグさん、ドキュメンタリーで明かされる素顔とは
オープニングはアポロ・シアターのドキュメンタリー!トライベッカ映画祭

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >