2019/03/06 04:00

竹内まりや『ダンボ』日本版エンドソングを担当!山下達郎もコーラス参加

日本版エンドソングを担当する竹内まりや(左) (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
日本版エンドソングを担当する竹内まりや(左) (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

 シンガーソングライターの竹内まりやが、ディズニーの名作アニメーションを実写化した映画『ダンボ』(3月29日全国公開)の日本版エンドソングを担当することが明らかになった。楽曲には、竹内の夫で歌手の山下達郎もバッキングコーラスとして参加する。

 竹内が担当する楽曲「ベイビー・マイン」は、1941年に公開されたオリジナルアニメーションの劇中歌。大きな耳を持つダンボに対する母親象の愛情を歌詞に乗せたバラードは、第14回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされており、様々なアーティストがカバーするなど、名曲として今なお愛されている。

 竹内は今回、歌詞の翻訳監修も担当し、「あなたはそのままでも輝いている、決してひとりじゃない」という本作のメッセージを歌詞に投影した。竹内は「娘が幼い頃大好きだった『ダンボ』のビデオを一緒に観るたびに、『Baby Mine』の歌のシーンでいつも涙したものです」と楽曲に対する思いを語っており、「まさか30年後に、この曲を私が歌う日が来ようとは! 懐かしいあの時代を思い出しながら、心を込めて歌わせていただきました」とコメントを寄せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >