2019/03/07 14:50

ハリウッド実写版「機動戦士ガンダム」脚本家が人気コミック作家に決定

ブライアン・K・ヴォーン Ethan Miller / Getty Images
ブライアン・K・ヴォーン Ethan Miller / Getty Images

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」ハリウッド実写版の脚本家が、海外ドラマ「LOST」「アンダー・ザ・ドーム」に脚本家・プロデューサーとして携わった、ブライアン・K・ヴォーンに決定したと、Deadlineほか各メディアが報じた。

 ブライアンはコミック作家としての活動でも知られており、地球最後の男性となってしまった主人公の旅を描く世紀末グラフィックノベル「Y:THE LAST MAN」で、“漫画のアカデミー賞”ともいわれるアイズナー賞を受賞。Huluでドラマ化された、スーパーヴィラン(悪役)の子供たちを描いたマーベルコミック「ランナウェイズ」など数々のコミックを手掛ける実力派が、製作総指揮も兼任して「ガンダム」に挑む。

 「ガンダム」の実写化は、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(2014)、『パシフィック・リム』(2013)などで知られる米レジェンダリー・ピクチャーズ製作で進行中。レジェンダリーの代表として『パシフィック・リム:アップライジング』のプロデューサーであるケイル・ボイターと、サンライズのクリエイティブチームが監修を務める。レジェンダリーでは、「ポケットモンスター」シリーズ初の実写映画『名探偵ピカチュウ』や「週刊少年ジャンプ」で連載中の「僕のヒーローアカデミア」の映画化など、日本のコンテンツの実写化企画が数多く進行している。(編集部・入倉功一)

【関連情報】
【画像】ガンダム劇場アニメ新作「閃光のハサウェイ」
機動戦士ガンダム「閃光のハサウェイ」富野由悠季が映画化に期待<コメント全文>
『機動戦士ガンダムNT』プロデューサーに聞く シリーズの未来
NHK「全マクロス大投票」スタート!作品・キャラ・メカ・歌の4部門に投票
電脳コイル・磯光雄の新作アニメ「地球外少年少女」発表!キャラデザは吉田健一
ガンダムがメカゴジラに挑む!『レディ・プレイヤー1』夢の戦闘シーン公開

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >