2019/03/09 20:05

舞台・仮面ライダー斬月が開幕!久保田悠来「平成最後のお祭り」

「舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-」脚本・演出の毛利亘宏、丘山晴己、久保田悠来、萩谷慧悟 (C)石森プロ・東映 (C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会
「舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-」脚本・演出の毛利亘宏、丘山晴己、久保田悠来、萩谷慧悟 (C)石森プロ・東映 (C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会

 9日、東映の人気特撮ドラマが原作の「舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-」が、東京・日本青年館ホールで開幕を迎え、仮面ライダー斬月/呉島貴虎(くれしまたかとら)役の久保田悠来が「歴史的瞬間を目の当たりにしていただきたいです」と初日会見で思いを語った。会見には、アイム役・萩谷慧悟、鎮宮雅仁役・丘山晴己、脚本・演出の毛利亘宏も出席した。

 本作は、平成仮面ライダーシリーズ第15作「仮面ライダー鎧武」に登場した、仮面ライダー斬月を主人公とする、平成ライダーシリーズ初の演劇作品。かつて巨大企業ユグドラシル・コーポレーションの実験場となっていた紛争国・トルキア共和国に不審な動きを察知した貴虎が、訪れた同国で記憶を失い、地下世界アンダーグラウンドシティにおける戦いに巻き込まれていく。

 ドラマに続いて貴虎を演じる久保田は、「仮面ライダーシリーズの初めての演劇作品化ということで、平成最後のお祭りといいますか、平成仮面ライダーの締めくくりとして演劇が出来るということを大変嬉しく思っています」と喜びのコメント。「映像の撮影では、色々角度を変えて撮ったり、ということがありますが、舞台上ではずっとアクションを続けていかなくてはならないので、緊張感もありますし、新しい熱量が出るのではないかなと思っています。是非、歴史的瞬間を目の当たりにしていただきたいです」と気合十分だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >