2019/03/12 22:12

アポロ11号月面着陸50周年記念製作のドキュメンタリー、監督が語る

 その始まりは、NASAとアメリカ公文書記録管理局にアポロ11号の記録(映像)をアップデート(デジタル化)したいと提案したことだという。「彼らは、僕ら製作陣のプロジェクトに賛同してくれたよ。3、4か月後にアメリカ公文書記録管理局で働くアーカイブ映像の管理者が、『1969年「アポロ11号」』と記された70mmの大きなフィルムが山積みになっているのを発見したと伝えてきてくれたんだ」だが、その時点ではどんな映像か全くわからなかったため、映像がちゃんと見られるか確認すべく、まず2本のフィルムを送ってもらったそうだ。

 「1本目のフィルムにはロケット発射を陸から撮っている映像と、ヘリコプターから撮っている空の映像も残されていた。僕らは、このような大きなフィルムで撮影し、現在でもその映像にプロダクション・ヴァリュー(生産価値)があることに驚かされたね。そして2本目のフィルムは、ロケット発射の当日にニール・アームストロングらが宇宙服を着用しているものだった」その映像のあまりの素晴らしさに、製作陣は30分以上、誰も言葉を発することなく鑑賞していたそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力があるので、ターゲットを一つに絞って取り組もう。遊び...もっと見る >