2019/03/12 14:30

『キャプテン・マーベル』初登場1位!3日で169億円を上げる大ヒット【全米ボックスオフィス考】

さすがの強さ! - 映画『キャプテン・マーベル』より (c) Marvel Studios 2019
さすがの強さ! - 映画『キャプテン・マーベル』より (c) Marvel Studios 2019

 先週末3月8日~3月10日の全米ボックスオフィスランキングが発表され、マーベル映画『キャプテン・マーベル』が興行収入1億5,343万3,423ドル(約169億円)で首位デビューを果たした。アベンジャーズ誕生のきっかけとなったマーベル史上最強のヒーロー、キャプテン・マーベルには『ルーム』のオスカー女優ブリー・ラーソンがふんし、『ワイルド・ギャンブル』の男女監督コンビ、ライアン・フレック&アンナ・ボーデンがメガホンを取っている。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)21作目にして、初の女性ヒーロー単独映画となった本作。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)や『アイアンマン2』(2010)を上回り、MCUの歴代オープニング興収ランキングでは7位という好成績を収めた。ちなみに、観客の男女構成は男性55%・女性45%で、同じ女性スーパーヒーロー映画でも、女性客が過半数となる52%を占めたDCの『ワンダーウーマン』(2017)とはまた違った結果となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >