2019/03/16 10:00

大倉忠義&成田凌、初共演作『窮鼠はチーズの夢を見る』クランクアップに感無量!

左から行定勲監督、大倉忠義、成田凌 (C) 水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会
左から行定勲監督、大倉忠義、成田凌 (C) 水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(2020年公開)の撮影がクランクアップを迎え、関ジャニ∞の大倉忠義と成田凌、監督の行定勲が喜びを分かち合った。

 水城せとなの大人気コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」を実写映画化した本作は、受け身の恋愛ばかりだった主人公・恭一がセクシャリティーを超えて人を好きになることの喜びや痛みを描く。恭一(大倉)は、7年ぶりに再会した後輩の今ヶ瀬(成田)に「昔からずっと好きだった」と思いを告げられる。彼からの一途なアプローチに振り回されていくうちに、やがて恭一は胸を締め付けられるほどの恋の痛みに翻弄されていく。

 約1か月にわたり行われた本作の撮影。ラストカットを撮り終えた大倉は、行定監督から花束を受け取ると思わず目に涙を浮かべ「いままでにやったことのない役をやりたいなと考えていたので、この映画のお話をいただいた際にはぜひ演じてみたいと強く思いました。33歳といういまだからこそ、できた役だと思います」と思いを馳せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >