2019/03/27 14:10

Netflixがランダム表示を実験中 性的指向の表示順を否定

 3月15日に配信がスタートしたNetflix短編アニメアンソロジー「ラブ、デス&ロボット」が、視聴者の性的指向によってエピソードの順番表示が違うとネットで話題になっている。

 同ドラマは全18エピソードで一話完結の短編からなるため、どんな順序で観ても問題はないが、人によって表示が違うということに、ある視聴者が気づいたとDeadlineなどが報じた。「信じられないことを発見した。Netflixの新シリーズ『ラブ、デス&ロボット』のエピソードの順序は、Netflixがこちらをゲイかストレートだと思うかによって変えられている」とある視聴者がツイートしたのだ。

 ゲイだという彼の場合、第1話はレズビアンを描いた「ソニーの切り札」が表示されているが、ストレートの友人の家では「わし座領域のかなた」が第1話になっていたという。

 これに対しNetflixは、表示順をランダムに変える実験的な方法を取っているとTwitterで返答し、視聴者の性的指向で表示順を変えていることを否定している。「これまで、『ラブ、デス&ロボット』のような番組はなかったため、4つの異なる順序表記という新しい試みをしています。その順序は、性別、人種、性同一性とはまったく関係ありません。そもそも、そのような情報をわたしどもは持っていません」と答えた。

 最初にツイートした視聴者はその後、Netflixに勤める友人からも説明を受け、表示順はランダムだということに納得したとつぶやいている。(澤田理沙)

【関連情報】
Netflix「ストレンジャー・シングス」シーズン3予告編が公開!全てが変わる夏がはじまる
中谷美紀が金髪!蜷川実花監督Netflixドラマで池田エライザと共演
娘の不正入学で逮捕された「フルハウス」女優、撮影中のドラマを解雇
テレ東ドラマ2作、米リメイク実現するか
高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」を生披露!エヴァNetflix配信は6月21日
ロンドン生活中の窪塚洋介に迫る!ドキュメンタリー番組が配信

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >