2019/03/28 13:00

佐野勇斗、沖縄の青空の下で熱唱!『小さな恋のうた』撮影現場レポート

ベースを弾きながら熱唱する佐野勇斗
ベースを弾きながら熱唱する佐野勇斗

 人気若手俳優・佐野勇斗が主演を務める映画『小さな恋のうた』(5月24日公開)の撮影現場が昨年11月、報道陣に公開された。沖縄県にある高校の屋上を舞台に、青空のもと佐野の歌声が響き渡った。

 本作は長年愛され続けるMONGOL800の名曲「小さな恋のうた」に着想を得て生まれた物語。沖縄で暮らす高校生たちがバンド活動を通じて経験する青春と、彼らの恋や友情をさわやかに描き出す。撮影は全編沖縄で行われた。

 この日公開されたのは劇中でも大きな見どころとなる演奏シーンの一部。主人公・真栄城亮多役の佐野、池原航太郎役の森永悠希、譜久村舞役の山田杏奈が制服姿で撮影に臨んだ。11月とはいえ真夏のような沖縄の日差しがふり注ぐ高校の屋上。佐野がボーカル兼ベース、森永がドラム、山田がギターを担当し、汗をにじませながら大勢のエキストラを前に生演奏を披露した。

 演奏された曲はMONGOL800の「小さな恋のうた」。ボーカルダンスユニット「M!LK」としても活躍する佐野の力強くも甘い歌声と、山田の透き通ったハイトーンボイスが見事にマッチし、学校中に響き渡った。『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で触れて以来続けているというドラムを担った森永も抜群の安定感でバンドを支えていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >