2019/03/29 08:12

今夜『ちはやふる』完結編を観る前に!上の句&下の句ふり返り

『ちはやふる −結び−』より (C) 2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
『ちはやふる −結び−』より (C) 2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

 『ちはやふる』シリーズ完結編となる映画『ちはやふる −結び−』が日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて、今夜29日よる9時から地上波初放送される。本作を観る前に本シリーズについて押さえておきたいポイントを振り返る。

『ちはやふる』とは?

 末次由紀の人気コミックを実写映画化した本シリーズは、主人公・千早が競技かるた=百人一首に懸けるひたむきな情熱や夢を描く。2016年に『ちはやふる −上の句−』『ちはやふる −下の句−』が公開され、観客動員数は200万人超えするなどヒットした(数字は配給調べ)。千早役を広瀬すず、千早の幼なじみの太一役を野村周平、幼いころに家庭の事情で福井に引っ越した、千早と太一の幼なじみである新役を新田真剣佑が務めている。

千早がかるたと出会う!『ちはやふる −上の句−』

 千早がかるたと出会い、成長するさまが活写される『−上の句−』。小学生の千早は、太一と新とかるたの楽しさに魅せられていくが、新とは離れ離れになってしまう。その後、瑞沢高校に入学した千早は、太一とかるた部を作ろうと奮闘。同級生の奏(上白石萌音)、西田(通称:肉まんくん/矢本悠馬)、駒野(通称:机くん/森永悠希)と共にかるた部を作り、互いに成長し合う。初めて大会に出場する千早たちの前に、全国大会常連校の名門・北央学園の須藤(清水尋也)や木梨(坂口涼太郎)など個性豊かな登場人物たちが立ちはだかる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >