2019/03/28 22:02

実写版『ダンボ』、ダニー・デヴィートがティム・バートン監督とのタッグを語る

5度目のタッグを組んだバートン監督作常連のダニー・デヴィート
5度目のタッグを組んだバートン監督作常連のダニー・デヴィート

 映画『チャーリーとチョコレート工場』『ビッグ・フィッシュ』などの鬼才ティム・バートン監督、待望の新作『ダンボ』(3月29日 日本公開)について、ダニー・デヴィートが3月15日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 ディズニーの名作アニメーションを、バートン監督がオリジナル脚本で実写化した本作。マックス・メディチ(ダニー)が団長を務めるサーカスで生まれた子象のダンボは、耳が大き過ぎると周りから笑われていた。ある日、ダンボの面倒を見ていたサーカスの元スター・ホルト(コリン・ファレル)とその娘ミリー(ニコ・パーカー)、息子のジョー(フィンリー・ホビンズ)は、偶然ダンボが空を飛べることを知る。だが、それを知った起業家のヴァンデヴァー(マイケル・キートン)は、ダンボを利用して金もうけをたくらむ。

 今作で、バートン監督とは5度目のタッグを組んだというダニー。「『バットマン リターンズ』に、火星人に殺される役の『マーズ・アタック!』、『ビッグ・フィッシュ』でもサーカスの団長を演じたよ。そして今作、あと僕が監督した映画『ホッファ』で、ティムがカメオ出演しているんだ。『ホッファ』では、僕らが警察と労働組合が衝突して4人が亡くなるシーンを撮っているときに、ティムがセットにやってきてね。(映像を確認する)モニターを見ているところに、『この作品に出演してみないかい?』と声をかけると、『いいよ!』と快諾してくれたんだ。そこで、急きょ彼に黒いスーツを着せて、棺の中に入ってもらったんだよ(笑)」と驚きのタッグを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >