2019/04/01 08:02

広瀬すず「なつぞら」ヒロインは“運の強さ”が似ている

広瀬すず (C) NHK
広瀬すず (C) NHK

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」でヒロイン・なつを演じる女優の広瀬すずが、平成最後の朝ドラヒロインと「運の強さ」が似ていると語った。

 朝の連続テレビ小説100作目という節目の作品となる本作は、戦災孤児となった少女・なつが、北海道の酪農一家に引き取られ成長する姿を描く。たくましく育ったなつは、“漫画映画”と呼ばれていたアニメーションの世界へと踏み出していく。

 広瀬は、「なっちゃん(なつ)もそうですけど、わたし自身も人や作品とのめぐりあわせの運だけは異常に強いなと思っているんです」といい、「平成最後の朝ドラ。特別な作品に携わることができるのは本当に幸せで光栄なんですが、また運を使っちゃったという気持ちです」と笑ってみせる。

 妹の面倒を見ながらも戦災孤児として日々を精いっぱい生きていたなつは、父の戦友である柴田剛男(藤木直人)に引き取られ、北海道にある柴田家で暮らすことになる。「なつは『幸せだ』と言葉や表現をきちんと伝える子だなと感じながら演じています。でもわたしはあんなにいい子じゃない」と笑う広瀬は、「なつは太陽のような存在の子。見習わなきゃいけないなと思うくらいにすてきな女の子」と付け加えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >