2019/04/04 22:02

X-MEN新作は真のダーク・フェニックス!監督が実現させた長年の夢

『X-MEN:ダーク・フェニックス』ワンダーコン限定ポスター (C) 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
『X-MEN:ダーク・フェニックス』ワンダーコン限定ポスター (C) 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

 3月29日、ロサンゼルス郊外のアナハイムで開催された映画・コミックの祭典ワンダーコンで、『X-MEN』シリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』のパネルに監督・キャスト陣が登壇。会場では10分近くに及ぶ映像が世界初公開され、会場に詰めかけた多くのX-MENファンを歓喜させた。(細谷佳史)

 前作『X-MEN:アポカリプス』から10年後という設定の新作は、ジーン・グレイが宇宙でのミッション中に遭遇したアクシデントをきっかけに、別人格に惹きこまれ、誰にも制御できない強力なパワーを持ったダーク・フェニックスが目覚めてしまうというストーリー。パネルの冒頭では、X-MENたちが宇宙空間でコントロールを失ったスペースシャトルを救出するシーンを披露。手に汗握る見事なアクションシーンの上映後、女性ばかりが危険な目に遭うことに、ミスティーク役のジェニファー・ローレンスがプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)への皮肉を込め、「X-MENじゃなくX-WOMENにした方がいいわね」と言うと、大きな歓声が湧き起こった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >