2019/04/05 18:20

白石和彌監督、ピエール瀧出演シーンをカットしなかった理由

無事に公開初日を迎えて晴れやかな表情の白石和彌監督。
無事に公開初日を迎えて晴れやかな表情の白石和彌監督。

 麻薬取締法違反の疑いで逮捕、起訴されたピエール瀧被告の事件を受け、テレビ局や映画会社が出演作品の自粛対応に追われている中、瀧被告も出演している斎藤工主演の映画『麻雀放浪記2020』が予定通り公開初日を迎えた。映画『凶悪』から常連俳優として瀧被告を起用し続けてきた白石和彌監督はどのような思いでこの日を迎えたのか。初日の初回上映直後に、白石監督に話を聞いた。(取材・文:森田真帆)

 瀧被告の逮捕が報道されたのは、3月12日のこと。約1か月前の2月前半に行った主演の斎藤と白石監督のインタビューの時、日本映画界は新井浩文の逮捕に揺れ、多くの作品が自粛の措置を図っていた。果たして「作品に罪はあるのか?」という問題について白石監督に意見を求めると「胸が痛い話。監督は何も悪くないのに」と悲痛な表情を浮かべていた。あれから数週間後、まさか自分の作品までもが自粛か公開かの狭間に立たされるとは、白石監督も想像できなかっただろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >