2019/04/10 12:15

岸田繁、主題歌に「リラックマ」のワードを入れた理由

「リラックマとカオルさん」で全楽曲を担当した岸田繁
「リラックマとカオルさん」で全楽曲を担当した岸田繁

 ロックバンド、くるりのボーカリスト・ギタリストの岸田繁が、Netflixオリジナルシリーズ「リラックマとカオルさん」(4月19日配信スタート)の全楽曲を担当。主題歌にはくるり書き下ろしの「SAMPO」が起用された。くるりの全国ツアーのほかソロ活動の準備が控えるなか、「音楽を作る仕事でしたら極力、タイミングさえ合えばやらせていただきたいと思っています」と臨んだ岸田が、本作での楽曲づくりを振り返るとともに、唯一無二の世界観の魅力を語った。

 本作は、2003年に誕生したキャラクター「リラックマ」を、NHKキャラクター「どーもくん」で知られるドワーフの制作・プロデュースによりストップモーションアニメ化。不器用なアラサーOL・カオルさん(声:多部未華子)と、同居するリラックマ、コリラックマ、キイロイトリの悲喜こもごもを描く。

 岸田が作詞した主題歌「SAMPO」は、思うようにならない日々を送る主人公のカオルさんがつまずきながらも少しずつ前進していく情景を思い浮かばせる、切なくも希望を感じさせるもの。アニメで描かれる季節の移ろいを感じさせるリリックも心地よく、何と言っても「リラックマ」のワードが入っているのも興味を引く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >