2019/04/10 19:45

興収31億円超え!『翔んで埼玉』はなぜヒットしたか?

大真面目に茶番劇(?)を演じた二階堂ふみとGACKT『翔んで埼玉』より (C) 2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会
大真面目に茶番劇(?)を演じた二階堂ふみとGACKT『翔んで埼玉』より (C) 2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

 公開から、1か月以上経ちながら国内映画ランキングでTOP3をキープし続けている映画『翔んで埼玉』。特に一度ランキングを下げながらTOP3に返り咲いて見せるなど、昨年のナンバー1ヒット作品となった『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)を思い起こさせるランキングアクションを見せています。すなわち、“社会現象”になりつつあるという兆しと言い換えてもいいかもしれません。改めて、なぜここまでヒットをしたかを振り返ってみましょう。(文・村松健太郎)

累計発行部数69万部越えの凄さ!

 原作は昨年単行本が100巻を突破した「パタリロ!」などで知られる魔夜峰央の未完の作品。マツコ・デラックスがMCを務めるテレビ番組「月曜から夜更かし」で取り上げられ、再販され大ヒットを記録しました。

 読んでみるとわかるのですが、昭和57年に雑誌に連載されたこともあり、当時の時事ネタなどもふんだんに取り込まれているギャグマンガですが、結果として3話までで途切れた未完結の作品です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >