2019/04/22 06:30

本郷奏多、全身整形の殺し屋に変貌!『Diner ダイナー』衝撃ビジュアル

『Diner ダイナー』本郷奏多演じる殺し屋“キッド” (C) 2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会
『Diner ダイナー』本郷奏多演じる殺し屋“キッド” (C) 2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会

 俳優・本郷奏多が映画『Diner ダイナー』(7月5日公開)で狂気のサイコキラーにふんした衝撃の姿が、初めて公開された。全身整形やホルモン注射によって子供のような外見を持った殺し屋にふんした本郷は、強烈な個性を放っている。

 映画『GANTZ』『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』やドラマ「アカギ」などさまざまな作品で独特の存在感を示す本郷。2月に公開された映画『凜−りん−』では実年齢より10歳も下の役を自然体で演じ切るなど、あらゆる枠にとらわれない役者として実力を見せつけてきた。

 そんな本郷が藤原竜也主演の『Diner ダイナー』で挑んだのは、“キッド”という名の殺し屋役。ある女性がウエイトレスとして身売りされた殺し屋専用のダイナーを舞台に、店主と店を訪れる凶悪な殺し屋たちの異様な世界を映す本作でも、キッドは最も常軌を逸したキャラクターだという。

 子供がおもちゃで遊ぶように“殺しを楽しむ”サイコキラーで、そのためにはどんな手段もいとわない危険な殺し屋・キッド。仕事(=殺し)のために全身整形やホルモン注射を施し、骨格にまで手を加え、見た目は幼い子供のように可愛らしいが、虎視眈々とヒロインの命を狙っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >