2019/04/18 23:02

死んだ息子が蘇生…話題の実話映画、父役俳優が語る

今作では実在の人物を演じたジョシュ・ルーカス
今作では実在の人物を演じたジョシュ・ルーカス

 映画『ハルク』、『ステルス』のジョシュ・ルーカスが、話題の新作映画『ブレイクスルー(原題)/ Breakthrough』について、4月16日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 子供の頃に実の両親に見捨てられ、ミズーリ州に住む敬虔なクリスチャンのブライアン&ジョイス・スミス(ジョシュ、クリッシー・メッツ)夫妻の養子となったジョン・スミス(マルセル・ルイス)。14歳のある日、友人と凍った湖の上で遊んでいた彼は、氷が粉砕し15分近くも水の中に沈んでしまい死を宣告されるも、ジョイスの叫び声で奇跡的に息を吹き返す。それでも、意識は戻らず昏睡状態のジョンには、さまざまな困難が待ち受けていた。テレビシリーズ「スター・トレック エンタープライズ」などのロクサン・ドーソン監督がメガホンを取った。

 ジョシュは今作を、宗教的倫理に基づいた映画だと語る。「観客の多くは、教会への固い信念を持っている人たちなんだ。プロデューサーのデヴォン・フランクリンは牧師でもあるんだけど、今作のプレミアのときには、まるで牧師のスピーチのようにテンション高めで映画を紹介していたんだ。彼は信仰・信念に心の底から魅了されていて、彼がこの世に送り出そうとしている映画には、人々が信仰や信念を模索しながら、新たに信念を見いだしてほしいという意図があるんだ。そうした信念が奇跡を呼び起こしたのがこの作品なんだよ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >