2019/04/18 06:18

橋本環奈『キングダム』河了貂役で見せた絶妙さ

映画『キングダム』で河了貂を演じた橋本環奈 写真:島田敏次
映画『キングダム』で河了貂を演じた橋本環奈 写真:島田敏次

 原泰久のベストセラーコミックを山崎賢人主演で実写映画化した『キングダム』(4月19日公開)で人気キャラクター河了貂を演じたのは橋本環奈。マンガ好きで元々原作のファンだったという橋本が本作の撮影について語った。

 映画『キングダム』は、中国の春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍を夢見る少年・信(山崎)と、中華統一をもくろむ若い王・エイ政(吉沢亮)の運命を映しだす作品。河了貂は不思議な蓑をかぶった山民族の末裔というキャラクターで、信とエイ政に出会った河了貂は戦いに身を投じていくこととなる。

 河了貂役のオファーを受けた時、「大の原作ファンとしては実写化については懐疑的な思いでした」と笑う橋本。それでも「オファーを受けたからには本気でやりたいと思いました。撮影が始まってみると不安は安心に変わりました。撮影のスケールの桁違いさに、このスケールなら大丈夫と思えたんです。今はCGで撮ることもできる時代ですが、大きなセットをみんなで一緒に見ることで、共通の『圧倒される感覚』があったと思います」と続けた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >