2019/04/18 23:59

世界最大のアニメ映画祭で日本が20年ぶり名誉国に選出!『カリオストロの城』も野外上映に

『海獣の子供』 (C) 2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
『海獣の子供』 (C) 2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

 世界最大級を誇るフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で今年、「Tribute to Japanese Animation」と題した日本特集が組まれることになり、18日、都内で会見が行われた。その目玉の一つとして宮崎駿監督『ルパン三世 カリオストロの城』のアヌシー城での野外上映が行われるが、4月11日に亡くなった原作者のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんに敬意を表して、追悼上映となる運びだという。

 同映画祭は1960年に創設され、今年で43回。1999年より毎年、“名誉国”と題して1か国に焦点を当ててアニメーション文化を紹介する特集を行っており、日本が選ばれたのは1999年の初回に続き20年ぶり2回目となる。企画テーマは「日本のアニメの新しい動きを伝えたい」(岡本美津子・総合ディレクター)という狙いから「New Motion」だが、日本アニメの歴史や功績も振り返る企画も盛り込まれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >