2019/04/21 07:10

成田凌、クズ男役がハマりすぎ!『愛がなんだ』で本領発揮

映画『愛がなんだ』より (C) 2019『愛がなんだ』製作委員会
映画『愛がなんだ』より (C) 2019『愛がなんだ』製作委員会

 公開中の映画『愛がなんだ』で、岸井ゆきの演じるヒロイン・テルコが盲目的に思いを寄せるマモル役を務めている成田凌。劇中では、ハマり役ともいえる“クズ男”を好演している。

 『愛がなんだ』は、映画化もされた「空中庭園」「八日目の蝉」などで知られる人気作家・角田光代による同名小説を原作に、28歳の主人公・テルコが偶然出会ったマモルに一途に愛を貫いていくさまを描き出す。

 大して仲の良くない友人の結婚式の二次会で暇を持て余していた2人。偶然出会った、痩せ型なうえに猫背で冴えないマモルの“綺麗な手”に惹かれただけのテルコだったが、それ以来、彼女の生活は何もかもが“マモちゃん”のためのみに存在するように一変する。

 ある日、マモルから熱が出たと呼び出され、急いで駆けつけて手料理をふるまうが、深夜に突然ぶっきらぼうに「帰ってほしい」と放り出されるテルコ。そんなことがあっても“マモちゃん”一色に染まった彼女は、まさに「都合のいい女」として、唯一の女友達である葉子(深川麻衣)の忠告も聞かず、気まぐれに誘われるがままに喜んで生活を捧げていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >