2019/04/25 05:00

飯豊まりえ、初単独主演映画はホラー!『シライサン』で小説家・乙一とタッグ

飯豊まりえ (C) 2020松竹株式会社
飯豊まりえ (C) 2020松竹株式会社

 「暗いところで待ち合わせ」「くちびるに歌を」などの小説家・乙一として知られる安達寛高が、ホラー映画『シライサン』で長編監督デビューを果たすことが決定した。主演を務めるのはモデルで女優の飯豊まりえ。公開は2020年1月を予定している。

 本作は、親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊)が主人公。端紀は、親友の死の謎を追い、弟を失った春男と雑誌記者の間宮と共に「視線を逸らすと殺される」という“シライサン”の呪いの核心に近づいていく。

 映画単独初主演を務める飯豊は、「いただいた出会いと役を大切に、いまから心の準備をして真剣に、向き合って臨みたいと思っています! 映画館でお会いできるの楽しみにしております」と意気込んでいる。

 一方、監督の安達(乙一)は「今回、劇場用長編映画を撮ることになり、不安と期待が入りまじっています。長編映画を撮ることが夢でした。映画『シライサン』は、いわゆる『リング』や『呪怨』の系譜につらなるJホラーです」とコメントを寄せている。(編集部・梅山富美子)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >