2019/05/03 18:05

伊藤万理華「もう怖いものない」乃木坂46卒業後初の映画で女優への覚悟

ベリーショートもステキ!伊藤万理華
ベリーショートもステキ!伊藤万理華

 浜辺美波、高杉真宙ら若手人気キャストが結集する『映画 賭ケグルイ』で、2017年の乃木坂46卒業後、初の映画出演を果たした伊藤万理華。彼女が演じるのは、謎の武装集団を率いる犬八十夢(いぬはち・とむ)だ。「自分の限界を突破しないとできない役だった」と振り返る伊藤が、過酷な現場を通して芽生えた“女優”への思い、さらには自身を育ててくれた乃木坂46への感謝の気持ちを語った。

 河本ほむら・尚村透の大人気コミックを映像化した本作は、ギャンブルの強さで階級が決まる私立百花王学園を舞台に、謎多き転校生・蛇喰夢子(浜辺)らの壮絶なギャンブルバトルを描き出す。今年3月~4月にはMBS/TBSにてドラマ「賭ケグルイ season2」も放送され人気を博したが、伊藤が演じる犬八十夢は、手下を従えて学園の賭場を破壊する謎の劇場版オリジナルキャラクターだ。

 個性的なキャラクターが続々と登場する本作だが、なかでも犬八十夢は、武装集団の頭として周りを鼓舞するように激しく叫んだり、狂気の牙を剥いたり、ひときわ印象に残る存在。しかし、どちらかというと大人しい性格の伊藤は、「声も出ないし、通らない……とにかく、大きく演じることを得意としない自分にとってはものすごい挑戦だった」と吐露。さらに、「あのハイテンションに到達するまでには、自分を振り切り、限界を突破しないと絶対にできない。難しいを通り越して不安でいっぱいになりました」と、当時の苦しい状況を振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >