2019/04/28 11:00

『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のMCUは?マーベル・スタジオ社長が語る

フェーズ4以降のMCUに期待! (C) Marvel Studios 2019
フェーズ4以降のMCUに期待! (C) Marvel Studios 2019

 マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが、映画『アイアンマン』(2008)から最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』(公開中)まで11年にわたり築いてきたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を振り返ると共に、今後の展望について語った。

 MCUという壮大な枠組みの中で、22作品を描いてきたマーベル・スタジオ。これまでのMCU作品を“インフィニティ・サーガ”と総称するケヴィンは、本作で完結を迎えるサーガについてこう語る。「どんなすばらしい物語にもエンディングがあり、結末というものが必要です。その結末を描こうと決めた時、映画自体がそこに向かって走り始めます。エンディングがあることによって、(シリーズの)新たな始まりを考えることが許されるのです」

 マーベル・スタジオは、映画ファンだけでなく原作コミックファンも納得するクオリティーの作品を絶えず提供してきた。ケヴィンは、ロバート・ダウニー・Jrをはじめとする実力派俳優の活躍や、ジョン・ファヴロー、ジェームズ・ガンといったトップクリエイターたちの手腕はもちろん、作品を愛してくれた「ファンの存在」がMCUの成功を支えたと話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >