2019/05/04 08:12

『アベンジャーズ』ブラック・ウィドウ&スカヨハ プロとしての共通点

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のブラック・ウィドウ (C) 2019 MARVEL
『アベンジャーズ/エンドゲーム』のブラック・ウィドウ (C) 2019 MARVEL

 ついに公開を迎えたシリーズ完結編『アベンジャーズ/エンドゲーム』。約10年にわたって、最強チーム「アベンジャーズ」で活躍してきたブラック・ウィドウと、彼女を演じ続けてきたスカーレット・ヨハンソンには、ある共通点がある。

 それは、幼い頃から専門的訓練を受けて、その道のプロフェッショナルになったこと。ブラック・ウィドウは幼少時からスパイになる訓練を受けていたが、スカーレットも幼い頃から演技学校に通い、なんと8歳でオフブロードウェイの舞台にデビュー、10歳で『ノース/ちいさな旅人』で映画デビューしているのだ。

 スカーレット自身は1984年11月22日、ニューヨーク生まれ。アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrの19歳年下。キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスの3歳年下だ。2010年の『アイアンマン2』でマーベル映画に参入する前から、映画ファンの間では、すでに広く知られた注目俳優だった。このあたりも、アベンジャーズに参加する前から、敏腕スパイとして活躍していたブラック・ウィドウと似ているかもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >