2019/05/10 21:15

水谷豊、監督2作目が公開 次回は自分が出ない映画に?

「親が子を旅に出すような気持ち」水谷豊監督
「親が子を旅に出すような気持ち」水谷豊監督

 水谷豊が監督を務めた映画『轢き逃げ −最高の最悪な日−』(公開中)の初日舞台あいさつが10日に都内で行われ、監督3作目となる次回作について「“初”僕が出ない監督作品」と冗談を交えて語った。この日は、中山麻聖、石田法嗣、小林涼子、毎熊克哉、檀ふみ、岸部一徳も登壇した。

 水谷にとって『TAP THE LAST SHOW』(2017)以来2作目となる監督作品で、初めて脚本にも挑戦した本作。とある地方都市で起きた轢き逃げ事件に関係する、7人の心の軌跡を描いた。

 「水谷監督~!」と黄色い声援をもらった水谷は「サンキュー!」と格好良くキメると、「(初日を迎えて)感慨深いですし、ホッとしております」と胸中を吐露。キャスト・スタッフと作った本作を“我が子”と例え、「初日は親が子を旅に出すような気持ちになる」と告白。「我が子の出来がいいのか悪いのかがわからない……。まぁ出来が悪い子ほどかわいいと言う言葉もありますので、身の丈に合ったいい旅をしてくれたらなぁ」と作品を思いやった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >