2019/05/09 12:18

マーベル2020年以降の公開スケジュール発表!3年で8本

ブラック・ウィドウ単独映画や『ドクター・ストレンジ』続編も! Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
ブラック・ウィドウ単独映画や『ドクター・ストレンジ』続編も! Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 米ウォルト・ディズニー・スタジオが現地時間7日、2020年から2022年までのマーベル・スタジオ作品の公開スケジュールを発表した。2020年に2本、2021年に3本、2022年に3本の公開を予定しており、3年間で8作が世に送り出されることになる。スケジュールは以下の通り。

2020年5月1日
2020年11月6日
2021年2月12日
2021年5月7日
2021年11月5日
2022年2月18日
2022年5月6日
2022年7月29日

 タイトルはいずれも明かされていない。時を同じくして行われた投資家向けの収支報告でも、ディズニーのボブ・アイガーCEOはどのヒーローを取り上げるつもりか明言せず、現在公開中の『アベンジャーズ/エンドゲーム』に今後についてのヒントがいくつか隠されていると語るにとどめたとVarietyが報じている。具体的な作品名については、今年の夏に発表する予定とのこと。

 ちなみに、スタジオからの正式発表はないものの、現在までにブラック・ウィドウの単独映画、アンジェリーナ・ジョリーが出演交渉中の『ジ・エターナルズ(原題) / The Eternals』、アジア系ヒーローを描く『シャン・チー(原題) / Shang-Chi』、『ドクター・ストレンジ』および『ブラックパンサー』の続編、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ第3弾の企画が進行中であることが明らかになっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >