2019/05/09 12:05

「なつぞら」天陽くん・吉沢亮の“一言”に大反響!破壊力が半端ない

「なつぞら」山田天陽を演じる吉沢亮
「なつぞら」山田天陽を演じる吉沢亮

 NHKの連続テレビ小説「なつぞら」(月~土、午前8時~ほか)の9日放送の第34回で、吉沢亮ふんする山田天陽(やまだ・てんよう)が発したあるセリフが視聴者の間で大きな反響を呼んだ。SNSには「ハートを撃ち抜かれた」という感想が続々とあがっている。(以下、ネタバレあり)

 戦災孤児の少女・奥原なつ(広瀬すず)が北海道・十勝の大自然のなかで育ち、やがてアニメーションの世界に挑んでいく姿を追う物語。天陽(吉沢)は、なつに絵心を教えた青年画家で、彼女の生涯に大きな影響を与える存在とされている。

 引き取られた先の柴田牧場を手伝い、いきいきと酪農を楽しみながら、その一方でアニメ制作に強い関心を示しているなつ。天陽はなつの気持ちを察しているようで、なつと2人で映画を観に行った帰り道、なつに“東京行き”の意思を確かめようとする。

 迷いがあるように見えるなつが「(東京に)行きたいなんて言ってない」とつぶやいたのに対し、しばしの沈黙のあと「だったら行くなよ」と返した天陽。幼いころから互いを思いやってきた2人の関係の行方も注目されるなかで出たこのセリフに、「朝から胸キュン」「ドキッとした」「イケメンすぎた」「破壊力が半端ない」と反響が続々。「天陽くんの葛藤が切ない」という声も多く上がり、2人の今後にますます視線が集まりそうだ。

 第34回は、柴田家の長男である“照男兄ちゃん”(清原翔)が天陽に、なつへの思いを問うというドキドキのシーンで終了しており、次回以降の展開も期待される。

 役柄の人気と共に熱視線を浴びる吉沢は1994年生まれの25歳。公開中の映画『キングダム』(漂/エイ政役)に出演しており、そちらでは見事な二役演じ分けを披露している。(山田貴子)

【関連情報】
“美の暴力”と話題の天陽くん【写真】
あの俳優の娘!「なつぞら」夕見子役・福地桃子が話題
美しすぎてやばい!「なつぞら」吉沢亮の天陽くんが爆発的な人気
「なつぞら」照男兄ちゃん役は? キャストに注目
15キロ増!富田望生の過酷な役づくりに衝撃
美しすぎ…吉沢亮演じる山田天陽【写真】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >