2019/05/10 05:00

深田恭子、10年ぶりに泥棒役!ドロンジョ以来

『ヤッターマン』以来! (C)フジテレビ
『ヤッターマン』以来! (C)フジテレビ

 女優の深田恭子が、7月よりフジテレビの木曜劇場(木曜よる22時~)で放送される新ドラマ「ルパンの娘」に主演し、約10年ぶりに泥棒役に挑戦することが明らかになった。深田は2009年公開の映画『ヤッターマン』でドロンボー一味を率いるドロンジョを演じていたが、現代劇での泥棒役は今回が初めてとなる。

 「ルパンの娘」は横関大の同名小説を実写ドラマ化する作品。泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、警察一家の息子で刑事の桜庭和馬(瀬戸康史)の許されない恋愛を描くラブコメディーだ。主人公・華は家族の誰よりも盗みの才能を持ちながら家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくために図書館司書として働いているというキャラクターだ。

 深田は「演じるのは泥棒ですが、登場人物それぞれが真面目に生きていて、それが面白く見えるといいと監督がおっしゃっていましたので、三雲華という女性が持つ、泥棒なんてやりたくないと図書館司書として普通に働く“昼の顔”と、盗みの才能に恵まれてどこかで血が騒いでしまう“夜の顔”という二面性をしっかり演じ分けられたらなと思います」と意気込んでいる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >