2019/05/15 10:00

オダギリジョー監督『ある船頭の話』初日決定 特報で圧巻の映像美

映画のキーカラーでもある「赤」をベースにしたポスタービジュアル (C)2019「ある船頭の話」製作委員会
映画のキーカラーでもある「赤」をベースにしたポスタービジュアル (C)2019「ある船頭の話」製作委員会

 俳優のオダギリジョーが監督、脚本を務めた映画『ある船頭の話』の初日が9月13日に決定し、併せて特報が公開。『2046』『花様年華(かようねんか)』などウォン・カーウァイ作品で知られる名カメラマン、クリストファー・ドイルが映し出した、美しい日本の風景が見られる。

 舞台は近代産業化とともに橋の建設が進む山村。村人の源三(村上虹郎)が遊びに来るとき以外は黙々と渡し舟を漕いでいた船頭のトイチ(柄本明)だが、一人の少女(川島鈴遥)が現れたことから人生は大きく変わっていく。

 特報は、セリフは一切なし。ストーリーの詳細は明かされないまま、ジャズ・ピアニストのティグラン・ハマシアンによる弦とピアノの旋律に乗せ、緑豊かな自然の中でトイチが渡し舟を漕ぐ様子が収められている。「一艘の舟。すべてはそこから始まる。」というキャッチコピーで締めくくられる本映像には、オダギリ監督の「舟に乗り込む客にはそれぞれに理由があり、船頭が彼らにどのように関わっていくのかを丁寧に描きたかった」という思いが込められているという。

 なおオダギリは、クリストファー・ドイルがジェニー・シュンと共同監督を務めた『宵闇真珠』(2017)に俳優として参加している。(編集部・石井百合子)

映画『ある船頭の話』は9月13日より新宿武蔵野館ほか全国公開

【関連情報】
【写真】セリフ一切なし!『ある船頭の話』特報
『ある船頭の話』オダギリジョー・コメント
1番かっこいい平成仮面ライダーは?イケメンが続々
「時効警察」12年ぶり復活!霧山はFBIから帰国、三日月は離婚後の設定
「時効警察」12年ぶり復活に猛反響 前シリーズを振り返り!
オダギリジョー、自作曲が劇中歌に!クリストファー・ドイルとのタッグに歓喜

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >