2019/05/15 13:01

カンヌ映画祭開幕!最年少審査員エル・ファニングが魅了【第72回カンヌ国際映画祭】

カンヌを魅了したエル・ファニング Marc Piasecki / FilmMagic / Getty Images
カンヌを魅了したエル・ファニング Marc Piasecki / FilmMagic / Getty Images

 現地時間14日、第72回カンヌ国際映画祭が開幕した。オープニングセレモニーにはアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督(『レヴェナント:蘇えりし者』)率いる審査員団が出席し、今年の審査員で最年少となる女優エル・ファニングがケープドレスを優雅に着こなして会場を魅了した。

 『ネオン・デーモン』や『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』などに出演してきたエルは、まだ21歳ながらカンヌの常連となっている。審査員となった今回はグッチのドレスにショパールのイアリングを合わせたエレガントなスタイルで、レッドカーペットの視線をさらった。

 オープニングセレモニーに先んじて行われた審査員会見では、「電話で審査員のオファーを受けた時は、完全なショック状態になりました。今でも夢みたい!」と興奮気味だったエル。「今年の映画祭で若者の代表として、その目を通して映画を観られることを誇りに思います」とも語っており、エルの参加によって審査に若い感性が持ち込まれることになりそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >