2019/05/16 23:02

マイケル・J・フォックス、自身のキャリアとパーキンソン病について語る

マイケル・J・フォックスとデニス・リアリー Nicholas Hunt / Getty Images for Tribeca Film Festiva
マイケル・J・フォックスとデニス・リアリー Nicholas Hunt / Getty Images for Tribeca Film Festiva

 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのマイケル・J・フォックスが、長年の友人であるテレビシリーズ「レスキュー・ミー ~NYの英雄たち」のデニス・リアリーと共に、4月30日(現地時間)、トライベッカ映画祭のトークイベントTribeca Talkに参加し、自身のパーキンソン病や過去の作品について語った。

 マイケルは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズやテレビシリーズ「ファミリー・タイズ」などでコメディーにおける実力は評価されてきたものの、ドラマ作品ではまだあまり評価されていないとデニスは語る。「僕が企画・主演したドラマ『レスキュー・ミー ~NYの英雄たち』にマイケルは出演してくれたんだ。僕らはそれまで共演したことがなかったんだけど、友人の期間が長いからアドリブだってできると思っていたよ。彼の撮影初日は、シリアスかつドラマチックなシーンで、酒場でマイケルが演じている人物が、僕が演じる主人公に叫んでいるシーンだった。なぜ僕がそのシーンを覚えているかというと、彼の独白を2台ものカメラで捉えていたからだ。完全にその役になりきっていたからね。彼は僕の人気をさらっていってしまうと思ったよ。でも、このようなドラマチックな作品では、マイケルはまだ充分に評価されていないと思う」と述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >