2019/05/19 08:05

『リング』から21年…中田秀夫監督が貫くCGに頼らない恐怖表現

『リング』シリーズ最新作『貞子』(5月24日公開)より (C) 2019「貞子」製作委員会
『リング』シリーズ最新作『貞子』(5月24日公開)より (C) 2019「貞子」製作委員会

 「はっきりと、ここで映画監督として世に出なければどこで出るんだ、そう自分に言い聞かせていました」と回想するのは、1998年公開の映画『リング』で興行収入20億円のヒットを記録し、今や世界的なホラー映画の鬼才として名をはせる中田秀夫監督。最新作『貞子』(5月24日公開)でハリウッド版『ザ・リング2』以来、約14年ぶりに同シリーズのメガホンをとる中田監督が、その重責、そして今もなお追求する恐怖描写について明かした。

 「観た者は1週間後に死ぬ」という呪いのビデオの恐怖を描く鈴木光司の小説に基づく『リング』で大ヒットを飛ばしたのち、続編の『リング2』(1999)では倍の興収42億円を記録。2002年にはハリウッドでリメイクされ、その続編『ザ・リング2』(2005)では中田が自ら監督を務め、ナオミ・ワッツ、シシー・スペイセクら名だたる女優陣を演出した。新作の『貞子』は、池田エライザ演じる心理カウンセラーの視点から、シリーズの顔である怨霊・貞子の恐怖を、SNSや動画などを日常的なツールとして用いる現代に向けて描く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >