2019/05/20 23:02

おばあちゃんたちがチアリーディング!?実話を基にシニアたちが大奮闘

新作について語る女優リー・パールマン Jim Spellman / Getty Images
新作について語る女優リー・パールマン Jim Spellman / Getty Images

 映画『マチルダ』『セッションズ』などに出演してきた女優リー・パールマンが、新作『パムズ(原題) / Poms』について、5月9日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催のイベントで語った。

 ニューヨークから、ジョージア州サン・スプリングスの高齢者が多く住むコミュニティーに引っ越してきたマーサ(ダイアン・キートン)は、隣人のシェリルから歓迎を受ける。マーサはシェリルに「若い頃、チアリーダーを目指して断念した過去がある」と明かしたところ、シェリルから「今からでも遅くない」と勧められ、近所のおばあちゃんたちを集めて、体が思うように動かないながらもチアリーディングクラブを結成し、大会に出場することを決意する。リーは夫に先立たれ、チアリーディングクラブに参加することになったアリス役を演じた。

 アリスという役柄についてリーは「アリスは、ずっと夫のいいなりになってきたの。夫は彼女を束縛して、彼女が望むことを何もさせてこなかったわ。彼女は主婦として働き、お茶を入れている間、夫は庭でゴルフの素振りをしているような関係だった。そんな時にマーサがチアリーディングクラブを作ろうとするけれど、夫はクラブへの参加も許さなかった。でも夫が死んだことによって、アリスはクラブに参加し、彼女の人生が花咲いていくわけ」と答えた。映画内でリーは、ようやく自分がやりたいことができるようになったアリスを痛快に演じている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >