2019/05/24 17:08

西島秀俊、『空母いぶき』原作者の激励に感無量 実写化にプレッシャーも

西島秀俊
西島秀俊

 西島秀俊が24日、TOHOシネマズ日比谷で行われた映画『空母いぶき』の初日舞台あいさつに登壇し、原作者のかわぐちかいじから送られた激励の手紙に感無量の様子を見せた。

 「沈黙の艦隊」「ジパング」などで知られるかわぐちの人気コミックを映画化した本作。国籍不明の軍事勢力から突如、攻撃を受けた日本を舞台に、初の防衛出動を命じられた自衛官たち、総理大臣を中心とする政治家や官僚、そしてジャーナリストや一般市民の姿を描き出す。公開初日を迎えたこの日、西島のほか、共演者の佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、メガホンを取った若松節朗監督が登壇した。

 原作者のかわぐちは会場に向けて手紙のなかで、映像にみなぎる緊迫感を絶賛。国防という重要な問題を正面から描いている迫力に「原作者としてその映像に接することができ、これ以上の本望はありません」とコメントを寄せた。西島は感無量の表情で「傑作の実写化ということで、撮影中は本当に緊張しました」と振り返る。続けて「かわぐちかいじ先生の作品はスケールも大きく、実写化も難しいといわれているので、ハードルがすごく高かった。初日を迎えられたことが本当に嬉しい」と満面の笑みを浮かべた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >