2019/05/25 20:59

どうなるパルムドール?韓国映画『パラサイト』が高評価!【第72回カンヌ国際映画祭】

ポスターから不穏な雰囲気の『パラサイト(英題)』
ポスターから不穏な雰囲気の『パラサイト(英題)』

 第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されているポン・ジュノ監督作『パラサイト(英題) / Parasite』(韓国)が海外メディアから高く評価されており、是枝裕和監督の『万引き家族』に続きアジア作品が連続で最高賞パルムドール獲得となるか注目されている。各賞が発表されるクロージングセレモニーまではあと6時間ほどだ。

 『パラサイト(英題)』は、全員無職で半地下の家で暮らすギテク一家(ソン・ガンホら)が、徐々に裕福なパク家に入り込み、寄生していくさまを描いたブラックコメディー。貧富の差の問題を扱いつつ思わぬ展開の連続で、神がかったレベルでエンターテインメント性と社会性を両立しており、まさにポン監督の面目躍如といったところ。プレス試写では上映後に最も烈々な拍手喝采が送られていた。

 映画祭では各国メディアの批評家による採点を集めて掲載する「星取表」が配布されており、同作は Screen International 誌では4点満点中3.4点という最高評価を獲得。3.3点でペドロ・アルモドバル監督の『ペイン・アンド・グローリー(英題) / Pain And Glory』(スペイン)とセリーヌ・シアマ監督の『ポートレイト・オブ・ア・レディー・オン・ファイアー(英題) / Portrait Of A Lady On Fire』(フランス)が続いた。『パラサイト(英題)』は Le film francais 誌でも『ペイン・アンド・グローリー(英題)』に次いでパルムドールに推す声が多い。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >