2019/05/25 14:10

貞子、観客と一緒に『貞子』を鑑賞

乱入した貞子
乱入した貞子

 映画『貞子』(公開中)の公開御礼舞台あいさつが25日、新宿バルト9にて行われ、貞子が客席に紛れて映画を鑑賞。フォトセッションの際には乱入し、呪いのパワーで会場を包み込んだ。舞台あいさつには清水尋也、桐山漣、佐藤仁美、中田秀夫監督も出席した。

 本作は、1998年に公開した『リング』のオリジナルチームが再結成し、池田エライザを主演に描いた戦慄のホラー。時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、日本のホラー映画界をけん引してきた『リング』シリーズ最新作が、SNS時代に新たな恐怖を放つ。

 舞台あいさつ冒頭、風疹のために欠席した池田から「公開御礼舞台あいさつという場に立つことができず、心から申し訳なく思っています」と綴られた手紙が届く。少しずつだが体調も回復の兆しがあることが報告されると、清水や桐山らは安堵の表情。続けて「当たり前のように猛スピードで様変わりしていく時代の中で、人の心は追いつけず、立ち止まりそのまま置き去りになっていきます」と情報過多の現代に警鐘を鳴らすと「そんな人の心の叫びと、貞子という存在は、一生縁の深い関係なのだと思います」と、このタイミングで『貞子』が公開される意義を述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >