2019/05/25 12:58

3時間半ほぼ尻のクローズアップの映画、カンヌで途中退席者が続出…監督「気にしない」【第72回カンヌ国際映画祭】

映画『メクトゥーヴ、マイ・ラブ:インターメッツォ(原題)』
映画『メクトゥーヴ、マイ・ラブ:インターメッツォ(原題)』

 現地時間24日、第72回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門に出品されている映画『メクトゥーヴ、マイ・ラブ:インターメッツォ(原題) / Mektoub, My Love : Intermezzo』の公式会見が行われ、アブデラティフ・ケシシュ監督が、同作の上映時、途中退席者が続出したことについて口を開いた。

 『アデル、ブルーは熱い色』で最高賞パルムドールに輝くも、後に大胆なラブシーンの撮影手法をレア・セドゥら主演女優に批判されたことで知られるケシシュ監督。新作は『メクトゥーヴ、マイ・ラブ:カント・ウノ(原題) / Mektoub, My Love: Canto Uno』(日本未公開)の続編で、海辺の故郷の町に戻ってきた若手脚本家のアミン、結婚を数週間後に控えるも他の男の子供を妊娠しているオフェリー、結婚後も彼女と関係を続けたいと思っているトニーをはじめとした男女グループの姿を描くのだが、ストーリーらしいストーリーはない。3時間半の上映時間のうち3時間は大音量の曲が流れるナイトクラブのシーンで、女たちが振り続ける尻がひたすらクローズアップで映し出される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >