2019/05/28 21:30

パルムドール受賞のポン・ジュノ監督「カンヌはすでに過去」とばっさり

左からポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、チャン・へジン
左からポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、チャン・へジン

 第72回カンヌ国際映画祭で、韓国映画初となるパルムドール賞(最高賞)を受賞した『パラサイト(英題)』のポン・ジュノ監督が28日、韓国・ソウル市内で行われたマスコミ向け試写会記者会見に登壇。主演のソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、チャン・へジンらとともに映画について語った。

 映画『パラサイト』は、全員が無職のギテク一家(ソン・ガンホら)が、富裕層のパク社長(イ・ソンギュン)の家に寄生していくさまを描くブラックコメディー。カンヌに来場した監督とガンホ以外のキャストたちは、パルムドール受賞のニュースを、途切れがちなネットのライブ映像で夜中に見ていたという。キャスト一同、ポン監督の映画に出演できた喜びを口々に語っていた。

 現在の韓国では若者の失業問題が深刻であり、映画は単なるコメディーではなくリアリティーを皮膚で感じさせるもの。ポン監督は「2人(チェ・ウシク、パク・ソダム)の若い俳優が、青年失業という韓国の若者が抱える悩みをうまく演じてくれた。その問題を複合的に映画に取り入れて描きたかったし、ウシク君が歌うエンディングの歌にも思いを込めた」と若者のやるせない現実を憂慮していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >