2019/05/28 05:00

大森南朋、大ヒット韓ドラのリメイクで主演!松雪泰子、高杉真宙ら豪華布陣

大森南朋が民放連続ドラマ単独初主演 (C) テレビ朝日
大森南朋が民放連続ドラマ単独初主演 (C) テレビ朝日

 俳優の大森南朋が、7月クールのテレビ朝日系ドラマ「サイン−法医学者 柚木貴志の事件−」(毎週木曜午後9時~放送)で民放連続ドラマ単独初主演を務めることが明らかになった。原作は最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマ「サイン」(2011年)で、大森のほか松雪泰子、飯豊まりえ、高杉真宙、仲村トオルの出演も発表された。

 韓国版は実在の法医学鑑定機関が舞台となっていたが、該当する国家機関がない日本版では「日本法医学研究院」という架空の組織を設定。遺体に残された真実の証(=サイン)と正義を求めて突き進む日本法医学研究院の解剖医・柚木貴志(大森)たちが、不都合な事実を隠ぺいする権力社会に立ち向かう姿を描く。

 大森演じる超一流の解剖の腕を持つ偏屈な解剖医・柚木の周りを取り巻くキャストには、松雪、飯豊、高杉、仲村という豪華な布陣がそろった。松雪は、柚木とかつて婚約していたこともある野心家な警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖役。ベテラン俳優たちと息を合わせる若手の二人は、それぞれ柚木の助手となる新人解剖医・中園景役(飯豊)、生意気だが正義感あふれる千聖の部下・高橋紀理人役(高杉)を務める。仲村は、自らの保身のためなら解剖結果の改ざんもいとわない国立大の法医学教授・伊達明義にふんし、柚木らの前に立ちはだかる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >