2019/05/28 19:02

松坂桃李が最も輝いていた出演作は?

1位は? Sports Nippon / Getty Images
1位は? Sports Nippon / Getty Images

 「松坂桃李が輝いていた出演作ランキング」が、ランキングサイト「ランキングー!」にて発表され、「視覚探偵 日暮旅人」が1位に輝いた。

 「視覚探偵 日暮旅人」は、山口幸三郎の小説「探偵・日暮旅人」シリーズが原作のテレビドラマ。2015年にスペシャルドラマ化され、2017年1月期には連続ドラマ化された。松坂が演じたのは、ある事件がきっかけで、視覚以外のすべての感覚を失った主人公で探偵業を営む日暮旅人。研ぎ澄まされた視覚を駆使して、難事件を解決していく。

 2位は、スペシャルドラマ化もされた人気作「ゆとりですがなにか」。宮藤官九郎の脚本で、「ゆとり第一世代」と呼ばれるアラサー男子3人の人間ドラマを描いた。松坂は小学校教師・山路一豊を演じ、投票者からは「駄目なさえない役が意外でしたが、なかなかよかった」「ちょっとゆるい感じが自然体でいい」と好評を得ている。

 3位は、松坂の俳優デビュー作となる特撮ドラマ「侍戦隊シンケンジャー」。侍をモチーフにした戦隊シリーズで、松坂は戦隊ヒーロー、シンケンレッド/志葉丈瑠を演じた。「一番印象に残っている。鮮烈だった!」 「彼の演じるレッド=殿は実によく似合っていた」と当時の印象を強く刻んでいるファンも多い。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >