2019/05/29 07:00

山崎まさよし主演『影踏み』特報に尾野真千子、北村匠海、大竹しのぶら

ティザービジュアル (C)2019 「影踏み」製作委員会
ティザービジュアル (C)2019 「影踏み」製作委員会

 「64ロクヨン」「クライマーズ・ハイ」などで知られる横浜秀夫のミステリー小説を、『月とキャベツ』(1996)の山崎まさよし主演、篠原哲雄監督のコンビで映画化した『影踏み』(11月公開)の特報が公開。山崎演じる凄腕の泥棒が、偶然放火殺人未遂を目撃したことから、20年前に起きた事件の記憶を呼び醒ましていく過程が収められている。

 山崎が『8月のクリスマス』(2005)以来、約14年ぶりに長編映画主演を務め、篠原監督と約22年ぶりに長編映画でタッグを組む本作。ラブストーリー『月とキャベツ』とはうって変わって、緊迫感、ダークな雰囲気漂うミステリー『影踏み』で山崎が演じるのは、深夜に寝静まった民家に侵入して盗みを働く泥棒(通称:ノビ師)・真壁修一。その技術の巧みさゆえに、警察から“ノビカベ”とあだ名されるほど。

 特報では真壁役の山崎のほか、尾野真千子、北村匠海、大竹しのぶらの姿も。複数の人物が絡み合い、「生きたまま焼かれるのがどういうことかわかるか」「まだ自分を許せない?」「自分が救われたいだけだろ?」といった好奇心を掻き立てるセリフが飛び交う。ラストには「俺がお前を殺したんだ」という真壁の衝撃的な発言も。

 併せて公開されたティザービジュアルは、真壁の左半分の顔を切り取ったもの。目の部分に鍵穴が重ねられたインパクト大のデザインとなっている。その他キャストに、鶴見辰吾、滝藤賢一、中村ゆり、中尾明慶、下條アトム、根岸季衣ら。(編集部・石井百合子)

【関連情報】
【動画】『影踏み』特報
山崎まさよし14年ぶり長編映画主演!『月とキャベツ』篠原監督と再タッグ
綾野剛主演『楽園』初日決定 幼女誘拐事件描く初映像公開
深夜の銭湯で人殺し… 異色の低予算サスペンスに注目
浜辺美波&北村匠海が再共演!「思い、思われ、ふり、ふられ」実写&アニメでW映画化
山崎まさよし『月とキャベツ』には幻のラストカットがあった!聖地上映でお披露目

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >