2019/05/30 09:00

河瀬直美監督、辻村深月「朝が来る」を映画化

原作は辻村深月の長編小説「朝が来る」 (C)『朝が来る』Film Partners
原作は辻村深月の長編小説「朝が来る」 (C)『朝が来る』Film Partners

 カンヌ国際映画祭など海外での評価も高い河瀬直美監督が、直木賞作家・辻村深月のベストセラー小説「朝が来る」を映画化することが明らかになった。すでに4月16日に都内でクランクインしており、6月上旬にクランクアップ予定。2020年に全国公開される。

 原作は、長く辛い不妊治療に取り組むも自分たちの子を産めず特別養子縁組を選んだ夫婦と、中学生で妊娠して断腸の思いで子供を手放すことになった幼い母親の物語。

 二人の母親の物語だと言われてきた原作のなかで、二人の母をつなぐ子供・朝斗の“まなざし”に注目した河瀬監督に、原作者の辻村は「震えるような感謝とともに、この人に、朝斗と二人の母親を、『朝が来る』の世界を託したい、と強く思った」と絶大な信頼を寄せており、「ラスト、『原作でもこうすればよかった』と思える構成がある。けれど私が小説で書いてもきっとその光景には届かなかった。映画だからこそ監督が彼らをここに送り届けてくれたのだということが、はっきりわかる」と惜しみない称賛を贈っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >