2019/06/04 15:38

長谷川博己、大河の豪華セットを前に「俳優人生のすべてが出る」

凛々しい横顔
凛々しい横顔

 俳優の長谷川博己が4日、都内で行われた2020年放送の大河ドラマ「麒麟がくる」クランクイン取材会に出席。昨日から撮影が始まったという長谷川は、稲葉山城のセットの前に立つと「大河ドラマのセットは違う。いままでの俳優人生のすべてが出るのでは」と心を躍らせていた。

 本作は、池端俊策のオリジナル脚本で、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君に持ち、その後、戦国の世に知将として名を馳せる明智光秀の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命を描く。取材会には門脇麦(駒役)、西村まさ彦(明智光安役)、沢尻エリカ(帰蝶役)、堺正章(望月東庵役)、本木雅弘(斎藤道三役)も出席した。

 長谷川は、日本を代表する衣装デザイナーである黒澤和子がデザインした衣装で登場すると「馬子にも衣装の長谷川博己です」とあいさつして会場を笑わせる。続けて後ろを振り向き、道三の居城である稲葉山城のセットを見ると「大河ドラマはスケールが違う。僕の心も躍動しています」と撮影現場に入り高揚感がいっぱいの様子だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >