2019/06/03 14:20

唐田えりか、女優としての転機を告白「心が自由に」

唐田えりか
唐田えりか

 女優の唐田えりかが2日、東京・代官山ホワイトルームで開催された写真展「私が撮りたかった女優展」のトークイベントに出席し、女優としての転機や本企画のオファーを受けた思いを語った。

 気鋭のフォトグラファー5名がそれぞれ“今一番撮りたい女優”を撮り下ろした同写真展。唐田のほか久保田紗友、奈緒、蒔田彩珠、松浦りょうが被写体を務め、それぞれヨシノハナ、木下昂一、山本春花、J.K.Wang、東海林広太が撮影を担当している。この日のイベントには唐田とヨシノ、コメンテーターのWang、MCの小沢まゆが登壇した。

 演技とも広告とも異なる女優たちの表情を見られる本写真展だが、企画について主催も務めているWangは「写真家にとって撮りたい人を撮れる機会はそうそうなく、女優さんにとっても活躍すればするほどお仕事とは違う感覚で表現できる機会も少なくなっていくので、こういう機会を作りたいと思いました」と紹介。

 唐田を撮影したヨシノは広告やファッション誌などで撮影を手掛ける新進気鋭のカメラマンで、「手が届きそうで届かない、リアルだけどリアルではない」と自身のテーマを説明すると、「唐ちゃんも手が届きそうで届かない、いるけど本当にいるのかなという感じがあり、自分の写真に唐ちゃんが入ったらどういう風になるのかと思い、この話をいただいた時にすぐさまお願いしました」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >